三十路到達を機にキャンプにチャレンジしてみます( ´ ▽ ` )ノ
家族5人でレッツキャンプ(≧∇≦)
 
社会保険労務士のお勉強(労働基準法 労働契約)
0
    労働基準法
    第二章 労働契約
    第15条(労働条件の明示)
    使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。

    2 前項の規定によつて明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。

    3 前項の場合、就業のために住居を変更した労働者が、契約解除の日から十四日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない。

    !ワンポイント!
    使用者が労働者と労働契約を締結する場合に明示しなければならない事項には、絶対的明示事項と相対的明示事項があります。
    そのうち必ず明示する必要がある絶対的明示事項は下記の通りです。

    ・労働契約の期間に関する事項

    ・期間の定めのある労働契約を更新する場合の基準に関する事項

    ・就業の場所及び従事すべき業務に関する事項

    ・始業及び終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を二組以上に分けて就業させる場合における就業時転換に関する事項

    ・賃金(退職手当及び第五号に規定する賃金を除く。以下この号において同じ。)の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項

    ・退職に関する事項(解雇の事由を含む。)

    ちなみに上記のうち、昇給に関する事項以外は書面の交付が必要です。

    皆さんきちんと書面の交付を受けておられますか?(^^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    【2017.01.07 Saturday 08:50】 author : ぱれしおん
    | 資産運用 | comments(0) | - |