おすすめのキャンプ場やキャンプ用品。
キャンプに必要なものの比較など。
初心者の方に必要な情報をまとめたブログです。
 
<< キャンプ用品(感想) #フィールドチャッカーST-418 #ソト(SOTO) #バーナー #キャンプ | main | 純正品以外のカセットガスボンベの使用について >>
ウェルネスパーク五色をブログでご紹介。淡路島観光満喫。兵庫のキャンプ場。
0
    11月3・4・5日(木・金・土)
    9回目のキャンプに行ってきました(≧∇≦)




    場所は兵庫県の淡路島にある【ウェルネスパーク五色】。


    初めての2泊3日のキャンプです(≧∇≦)

    ウェルネスパーク五色
    立地
    南北でいえば淡路島の真ん中くらいにあります。
    津名一宮インターからは25分くらい。
    徒歩だとしんどいと思いますが、キャンプ場の近くにはコンビニやスーパーがあって便利(^^)
    津名一宮インター降りてすぐのところにホームセンター(コメリ)があるので、色々と現地調達もできます。




    全体図








    キャンプ場は山の上にあって、静かで雰囲気がすごくいいです。


    サイト

    広さは十分(^^)
    これで下が芝だとさらにいいですね。

    水道


    電源


    延長コードは自分で持って行きました。

    持って行って正解です(^^)
    これがないと配置がかなり制約されますからね。

    管理棟


    レストランがあって


    淡路島土産も売っております。




    炊事棟




    トイレ





    外のトイレにも洋式があるので助かります(^^)
    虫が入りにくそうな建物構造です。

    入浴施設
    こちらのキャンプ場は敷地内に温泉があります(≧∇≦)



    お風呂は広々していて、色々種類があって、大満足です(≧∇≦)

    その他施設
    こちらのキャンプ場は、遊具が充実しています(≧∇≦)
    以前行った妹背の里グリーンパーク山東グリム冒険の森タイプのキャンプ場ですね(^^)





    他にもうどん打ちや収穫体験等、いろいろあって長期滞在にぴったりのキャンプ場です(^^)

    過ごし方
    自宅出発〜チェックイン〜設営〜
    淡路サービスエリア
    淡路島ということで、キャンプ場に行くまでにもお楽しみが(≧∇≦)







    晩酌のつまみゲット(≧∇≦)
    お昼はおにぎりを作っていって車の中で食べましたが、大きいサービスエリアなんでここで食事をしてもよかったですね。

    キャンプ場到着
    チェックインは14時から。
    到着したのは13時30分頃。

    子どもたちをキャンプ場内の遊具で遊ばせて、チェックイン後はパパッと設営(^^)


    設営後は子どもたちとキャンプ場内の遊具で遊びました(^^)

    お風呂
    キャンプ場の中に温泉があるのは本当に便利ですね(≧∇≦)
    お風呂上がりはコーヒー牛乳でかんぱーい(≧∇≦)


    夕食〜就寝
    夕食は飯盒で御飯を炊いて、自宅であらかじめ作っておいたルーをかけてカレーライスとコーンスープ(^^)




    さらに淡路サービスエリアで購入した、たこ天を軽く焼いて


    さらにさらに淡路島のスーパーで購入したお刺身


    かんぱーい(≧∇≦)
    至福の時間(≧∇≦)
    お酒にあいますね〜
    お刺身はなんでもいいやでスーパーで買ったんですが、美味い!
    淡路島恐るべし(≧∇≦)
    私の地元のスーパーにこのレベルは売ってないですね。

    この日は風が強かったのでキャンプファイヤーは断念して就寝です。

    起床〜朝食〜
    気持ちのいい朝です(≧∇≦)

    空気が美味しいですね(≧∇≦)

    さてさて朝食の準備を始めようかな〜というところで事件が( ̄O ̄;)

    テントの前室に猫が侵入した形跡が(; ̄O ̄)
    昨晩サイトのまわりを猫が何匹かウロウロしていたので、念のため食料関係は車の中に入れておいたので難を逃れましたが( ̄O ̄;)
    こちらのキャンプ場を利用される際はご注意ください!
    昼間子どもたちがなでたりして遊んでいたんですが、人に慣れている分タチが悪い(; ̄O ̄)
    まぁネコも生きていくために必死なんでしょう。

    さて、気を取り直して朝食です。
    ぐっすり眠って翌朝は一晩寝かせたカレーでカレーライス(≧∇≦)


    食後はコーヒーでほっこり


    今回は電源付きサイトなのでこやつが大活躍(^^)
    パッとお湯が沸かせてすごく便利(^^)
    電源付きサイトには是非欲しいアイテムですね(^^)

    淡路島観光
    朝食を済ませたら淡路島観光(^^)

    渡舟
    朝食が早かったこともあり、早めのお昼ご飯で生しらす丼を食べに渡舟へ。

    詳細は別の記事に書いてありますので、よければご覧くださいm(_ _)m
    ブログ 渡舟(生しらすたっぷり丼)

    明石海峡公園
    食後は子どもたちが喜びそうな大きな公園へ(^^)

    こちらも詳細は別の記事に書いてありますので、よければご覧くださいm(_ _)m
    ブログ 淡路島観光その2 明石海峡公園

    林屋
    公園で遊んだ後は晩御飯の魚を買いに魚屋さんへ(^^)

    こちらも詳細は別の記事に書いてありますので、よければご覧くださいm(_ _)m
    ブログ 淡路島観光その1 林屋(刺身盛り合わせ)

    お風呂〜夕食〜就寝
    食事前にパッとお風呂を済ませて、晩御飯はバーベキュー(≧∇≦)

    お昼に現地で仕入れた

    お肉に


    アラに




    お刺身

    大満足の夕食(≧∇≦)
    淡路島を満喫です(≧∇≦)

    夕食後はキャンプファイヤー

    星がとってもきれい(≧∇≦)
    子どもたちとゴロゴロしながら星を眺めました(^^)
    子どもたちとゆったりとした時間を楽しめました(≧∇≦)

    起床〜朝食〜撤収
    朝食は昨晩炊いたご飯をジップロックに入れて湯煎。
    あまったお肉とウインナーはフライパンで焼いてパパッと済ませました。


    食後は子どもたちが遊具で遊んでいる間に撤収。

    遊具のあるキャンプ場は子どもたちが退屈しなくていいですね(^^)

    〜帰宅
    自宅に向けてキャンプ場を出発。
    お土産を探しに寄り道です。

    道の駅東浦ターミナルパーク
    たこ焼き

    カリッと感はないですが、タコは大きかったです。

    じゃこ天とタコ入りちくわ



    美味しかったんですが、レジの前に並べてあるものをそのまま渡されました。
    ほんのりあったかいような気もしましたが、少し炙るなりなんなり再加熱してもらえた方が、もっと美味しく食べられたかなと思います。
    せっかくお客さんから見える軒先に調理器具を置いているなら、それを使わないというのは逆効果な気がしました。

    ソフトクリーム



    ミルキーでとってもうんまーなソフトクリームです(≧∇≦)

    淡路サービスエリア
    正直なところ、東浦ターミナルパークが私の中ではいまひとつだったので、行きに引き続き帰りも淡路サービスエリアへ。

    着いてすぐ、最初からこちらに来ればよかったと思ってしまいました( ̄O ̄;)

    サービスエリアの中にあるラーメン屋さんの玉葱ラーメンはオススメです(^^)

    こちらも詳細は別の記事に書いてありますので、よければご覧くださいm(_ _)m
    ブログ ラーメン尊(淡路玉葱ラーメン)

    まとめ
    子ども達が楽しめる施設がたくさんあって、子連れにオススメのキャンプ場でした(≧∇≦)
    キャンプ場の中に温泉があるのも便利(^^)
    周辺観光も充実していて、食べ物も美味しい。連泊には超オススメのキャンプ場です(≧∇≦)

    猫の件があるので、食材等の管理には十分ご注意下さい。

    ウェルネスパーク五色
    兵庫県洲本市五色町都志1087
    TEL:0799-33-1600
    チェックイン:14:00
    チェックアウト:11:00


    評価(5点満点)
    完全な主観ですm(_ _)m
    〈自然〉
    山の上
    キャンプ場が川や海に隣接していない
    〈立地〉
    高速のインターからは少し遠い
    周辺にスーパーやコンビニ有
    淡路島観光が楽しめる
    〈サービス〉
    売店で現地調達可
    レストラン有
    〈設備〉
    車乗り入れ可
    キャンプ場内に温泉有
    〈管理〉
    トイレは特に気にならず
    各種施設はキレイでした
    〈遊び〉
    遊具が充実
    夏場の水遊びがないのかな?

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    【2016.11.21 Monday 06:45】 author : ぱれしおん
    | キャンプ場 | comments(0) | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする